介護予防運動指導員 資格 メリット

介護予防運動指導員の資格取得によるメリット

介護予防運動指導員の資格を取得すると、どのようなメリットが考えられるでしょうか?

 

他のページでも紹介しましたが、介護予防運動指導員の資格は国家資格ではありませんし、公的にその身分を保証するものでもありません。

 

しかし「介護予防」という分野の中でも、「介護予防」だけに特化した資格として設置されているのは、現時点ではこの「介護予防運動指導員」だけだと言えるでしょう。こういった現状を踏まえると、この資格取得によっておのずといくつかのメリットが出てきます。

 

まずは介護予防についてのエキスパートになれるということ

その知識や技術は仕事だけではなく、私生活にも役立ちます。自身の家族、親類、そして将来は自分自身に対しても、身に付けた介護予防に関する知識は必ずや有益に活用できるはずです。

 

自分自身がスキルアップできる」ということ

 

現在の仕事、あるいは有している資格からより幅広い学びが必要な資格ですので、その学びは自身の現在の仕事になんらかの形で役立つでしょう。

 

スキルアップしたことにより収入アップや転職が有利になる」というメリット

 

資格を取得することがプラスにはたらくことはあっても、マイナスとなるケースはまずないでしょう。収入アップに関しては職場によって違いがありますので一概にはいえませんが、こうした勉強をして資格を取得したことは職場でプラスに評価されるべきです。

 

転職活動の場合にも、自分はこれだけの学びをしてきて、それを新しい職場で生かしたいのだ!という意気込みとして伝えることができるのは強みです。

 

自分にとって自信になることを付け加えておきます

生涯学習という言葉がありますが、これは何も定年退職後になんらかの学習をする、ということだけを指すのではありません。人は学校を卒業してしまうと、なかなか学習に時間を割くことをしなくなります。しかしすでに社会に出ている方は、実社会に出てからが本当の学びであると実感する事も多いでしょう。

 

忙しい仕事という学びの中、時間とお金を使って講座を受講し資格を取得する。このことは自分自身にとって、やり遂げたという達成感や自信につながります。

 

介護予防運動指導員の資格を取得することで、仕事も自分も大きく成長することができるようがんばりましょう!

 

 

 

介護予防運動指導員 資格の費用 TOP